HYKE / トレンチコート特集 | ST COMPANY online store 入荷案内ブログ
  • HYKE トレンチコート” Big / Regular / Tight “を徹底解剖

Special feature
winter classic
HYKE
TRENCH COAT

ブランドを代表する名作”トレンチコート”
HYKEのブランド立ち上げ時から展開し、その時代に合わせたアップデートを重ねながら発売から何年も経った今でもなお人気のHYKEのトレンチコートの魅力を徹底解説

Origin

トレンチコートの起源は歴史を遡ること19世紀にイギリスで誕生しました。

歴史があるため正装のためのコートというイメージがありますが実は軍用の防水コートとして開発されたのが始まり。

HYKEのトレンチコートはミリタリーの『オフィサートレンチコート』よりインスピレーションを受けデザインされております。

『オフィサートレンチコート』とは、1960年代にフランス軍のオフィサークラスに支給されていたコートでその年代にのみある襟元のチンストラップのディテールが施されていることも特徴です。

Material

 

素材は上質なコットンを使用し、高密度に織り上げることにより強度とハリのある質感に仕上がっております。また、少量のポリウレタンを含んでおり、そうすることにより丈夫ながらもシワになりにくく、風合いを長く保ちながら着込むほどに味わいを増していく事が特徴。

前述の通り、撥水加工を施し防水性と防汚性が高く雨の日にも着ていただけます。

高密度に織ることにより、強度なハリと毛羽の無い上品な光沢、そして深みのあるベージュが大人な印象へと導いてくれます。

縫い目が目立たないような縫製時の糸の目の細かさにまで至るまでこだわって作られております。

また、内側には取り外し可能なウールのライナー付きですので、春、秋、冬の3シーズン愛用できる点も魅力的。

Type chart

 

HYKEのトレンチコートには『タイト』『レギュラー』『ビッグ』の3タイプのシルエットの展開があります。

・ Big FIT ・

ビッグフィットは、オーバーサイズでルーズ感がありメンズコートを着こなすイメージ。各ベルトを絞ってモードな印象にも仕上げられ、着る人のスタイルに馴染みます。

・ Regular FIT ・

レギュラーフィットは、一般的なサイズ感でややゆとりのあるアームや身頃が特徴的。着丈はBIGと変わらないもののショルダーのデザインがBIGと大きく異なり、トレンチコートに抵抗がある方にもオススメ。

・ Tight FIT ・

タイトフィットは、ボディーラインに沿う細身シルエット。初期から展開している人気の定番シルエット。昨今のオーバーサイズのトレンドが続く中、タイトシルエットはアウターとしてはもちろん、コートの中にインナーにドレス感覚で着用することもオススメ。

写真でCHECK✔️

 

まずは

シルエット別の全体像を見ていきましょう。

 

ビッグシルエットとレギュラーシルエットの着丈は大きくはかわらないですがタイトシルエットは着丈が大きく違いますね。

タイトシルエットは着丈が短いので身長の低い方や、すっきり着たい方には特におすすめ。

同じトレンチコートでも着丈だけで印象が大きく変わるのでどのような印象で着用したいかでシルエットを選ばれるのも一つですね

次に、着丈は似ているビッグFITとレギュラーFITはなにが違うのでしょうか?

大きく違うのはショルダーとアーム

 

肩周りのデザインを見ていきましょう。

 

各タイプそれぞれのエポレット(肩部分の飾り)を見ていただくとわかりやすいのですが、タイトFITとレギュラーFITの肩の位置と比較してビッグFITは大きく落ちています。

ここがビッグFITの一番の特徴。全体としてオーバーサイズなのはもちろんですが、肩周りのデザインが他のタイプでは出せないゆとりと落ち感がワンランク上のシルエットへ導いてくれます。

とはいえ、ベーシックに着用したい方も多いはず。シンプルに、ミニマルに着るからこそHYKEの良さがでるトレンチコートなので自分の好みのスタイルでシルエットを選んでください。

着用イメージでCHECK✔️

着用モデル ・ 身長:171cm ・ 着用サイズ:02

 

まずは - BIG FIT -

 

 

肩肘張らないリラックスしたムードになるのが特徴的。

レギュラーシルエットと比べ、着丈はさほど変わらないのですが、肩幅が20cmほど大きくなり、肩が落ちるようなデザインがビッグフィットの最大の特徴。

オーバーサイズに設計されているので、着用時には少し肩を落として着ていただくのがオススメ。

袖をたくしあげてアーム周りボリュームを出したこなれた旬スタイルも楽しんで頂けます。

たっぷりと空気をはらんだ様子が大人の余裕とこなれた着こなしに。

 

BIG01

BIG02

 

 

次に - REGULAR FIT -

 

 

HYKEの中では一番最新のモデル『レギュラーフィット』。

ゆとりのあるアームと、タイトシルエットに比べ15cmほど長めの着丈がデザインのポイントです。

後身頃にかけても空気を孕む少し分量のある設計になっているので下半身などの身体のラインを気にせずスタイリングに取り入れやすいのが嬉しいポイント。

ウェストマークをした時にもAラインのシルエットが生まれフェミニンな印象で着ることができます。

ビジネスシーンにもプライベートシーンでも様々なシュチュエーションで着用ができ、インナーも選ぶことなく様々なスタイルに適応できるので迷ったらまずはこのシルエットが良いかもしれません。

 

 

最後に - TIGHT FIT -

 

 

3サイズの中で最も着丈や肩幅などもコンパクトでボディーラインに綺麗に沿う細身シルエットが特徴的です。

いわゆる王道のフレンチスタイルのトレンチコート。

フロントを全部閉めてウエストベルトをマークするだけでワンピースのような女性らしいシルエットになります。もちろん軽く開けて羽織るスタイルもとてもオススメ。

中にインナーを重ねて着たい、レイヤードスタイルをお好みの方はレギュラーシルエットが良いかもしれません。

tight02

tight02

 

 

3シーズン着れるからおすすめ

 

ハイクのトレンチコートはすべてのタイプでライナーが取り外し可能となっているので冬だけになりがちなウールコートと違い、冬に着てライナーを外しそのまま春先や秋口にも軽いコートとしても着用可能。

ビッグFITとレギュラーFITはインナーにニットも着用できるゆとりがあるので、真冬でもインナーを意識することでしっかりと冬のコートとしても活躍します。

 

 

 

最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。

 

知れば知るほど魅力的なHYKEのトレンチコート。

自分の好みのタイプは見つかりましたでしょうか?

長く愛用するからこそHYKEのトレンチコート。

人生で一度は手にしたい不朽の名作。あなただったらどれを選びますか??

 

オンラインストアはこちら

 

Blog トップページへ戻る

 


 

 NEWS

st company オンラインストア公式LINEアカウントはじめました。

入荷情報やイベント情報をお届けします。

 ▼友だち追加はこちら▼

友だち追加